2013年05月01日

初めまして 茉那令翠です

皆様
初めまして
令翠学による運命鑑定を通じて幸せになるお手伝いをしたいと思い
事業としてスタートさせて頂く事になりました。
茉那 令翠(MANA REISUI)と申します。

もうお気づきだと思いますが、茉那令翠とは令翠学のお仕事で
使わせて頂いている名前です。
茉那という名前の由来は、ハワイ語の「MANA」から頂きました。

『MANA』とは人や自然が持つエネルギー・パワーの事です。
ハワイの聖域等に入らせて頂いたり近づくときに「MANAを感じましょう。」
というような伝え方が有りますが、それはその場所に元々有るエネルギーやパワー
の事だったりします。主にハワイ王朝時代のお祈りの場所だったり王族が
住んでいたところに強いパワーが有るとされています。

そしてなぜ私が令翠学の名前を茉那『MANA』と名付けたかというと
令翠学という運命分析学を通じて、人が本来持っている「エネルギー」
「パワー」を引き出すお手伝いができ、その事でその方や周りの方が
幸せになる事が出来たらと想い、名前として使わせて頂いております。

そして漢字の茉那は読みを音読みで当てた訳ですが、そこにもまた
令翠学的理由がありますが、それは次回にお伝え致します。

このブログでは、令翠学という学問を人生や事業(仕事)にどのように
役立てて行くのか?
という深いところまでお伝えできればと思います。

と言いますのも私自身が会社経営に携わっており、令翠学で得た知識を
活かして自分自身が立ち直り、また経営も改善されてきたという経緯が
あります。
何もかもが上手く行っているときはいいのですが、上手く行かなくなったときに
人は環境のせい・他人のせいにしがちです。
しかし上手く行かない理由を掘り下げてみると自分自身の問題だったり
自分が原因を作っていたりという事がありますが、悩んでいる場合は
その事にさえ気付かない事が多い物だと思います。

でも安心してください。問題解決の方法は必ず見つかります。
ご自身が生まれた生年月日から、その人が持つ「星」を割り出し
運命を読み取って行きます。

令翠学では「運命」は自分自身の力で切り開く事が出来る。
とされています。占いとの大きな違いはそこにあります。

令翠学によって運命を切り開く具体的なアドバイスは
自分の特性・リズムを理解し、やるべき事をやり、
やっては行けない事を避けるということに着きます

具体的な事の全てを今日書く事は出来ませんので
続きはまた次回以降にお伝えしますね!!

次回は〜令翠学との出会い〜
なぜ私が令翠学にのめり込んで行ったのか?その経緯をお伝えして参ります。




posted by 慧果と茉那 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。